知っている方の葬儀(告別式)での失礼のない振る舞い方をするための注意点をいくつかご紹介します。

葬儀のマナーと告別式

葬儀(告別式)での振る舞い方

葬儀(告別式)に参列する場合、どんなことに注意すればいか、ご存知ですか?おごそかに行われる式典ですから、失礼のないようにふるまいたいものですよね。そんな方のために、告別式に参列する際の基本的な振る舞い方についてお話します。
まずは、どんなこともそうですが、遅刻は絶対厳禁です。
特に告別式では、一連の流れをおって厳粛に式がすすめられていくので、途中入場なんてことは論外です。
1人の大人として、しっかりと時間は守るようにしましょう。
早く着きすぎても逆に失礼になってしまいますが、ある程度早めに着くように心がけましょう。
また、やむをえない理由で、最後まで式に参列出来ないという場合は、そういったことがわかった時点で遺族の方に連絡をするようにしましょう。
何も言わずに突然席を立つようなことはないようにしましょう。

また、遺族の方にはお悔やみの言葉をかけること。これは絶対条件と言ってもいいでしょう。
式に参列する以上、これは欠かさないようにしましょう。
受付の方が遺族だった場合は、受付の時に言葉をかけてもいいでしょう。
お悔やみの言葉としてかけてはならない言葉や、縁起の悪い言葉もありますので、言葉選びは慎重に行ってください。ある程度かける言葉を頭の中で練ってから声をかけるのがベストでしょう。
何を言えばいいかわからないという方は、お悔やみの言葉として使われている言葉が掲載されているマナーブックもあるので、そういったものを有効活用しましょう。
くれぐれも、失礼のない立ち振る舞いをしましょうね。

最近の急上昇ワード葬儀について、ネットならここを一度覗いて下さい。



Copyright(c) 2017 葬儀のマナーと告別式 All Rights Reserved.