時代とともに葬儀のスタイルは変わっていきますが、今はホテルで告別式を行うホテル葬というものがあるそうです。

葬儀のマナーと告別式

ホテルで告別式をする今風の葬儀

時代が変わるにつれて、葬儀のスタイルはどんどん変わってきています。
昔は近所の人たちがみんなで手伝いにきてくれて、全て町内会でまかなうことができました。
助け合いの精神が正常に働いていた頃の話です。
最近では、核家族が増えたり、都会に転勤する家族も多かったりで、なかなか町内会の付き合いは難しくなってきています。
それに、景気が悪いこともあって、お葬式自体の規模を縮小する人も多いです。
昔は世間体も気にしましたので、あまり小さなお葬式だと恥ずかしい、という気持ちがあり、ある程度の式をするのが当たり前でした。
今では、自分のいなくなったあとにまで子どもに迷惑をかけたくない、という考え方も多く、また形だけの式ではなくて、近しい人たちに気持ちを込めて送ってもらえればそれでいい、という考え方も主流になってきているのです。
お金や体裁よりも、心を大事にする時代になってきたと言えるかもしれません。なので、家族だけでひっそりとお別れをする「家族葬」というものが増えてきています。

ところが、家族葬にもデメリットはあります。
これだと、家族だけでしか式ができないため、親しい友人たちとお別れができないのです。
そこで、「ホテル葬」というスタイルが現れ始めています。
通夜、火葬を家族だけで行い、お骨にしたあとで告別式だけホテルで行うというものです。
これなら家族ともゆっくりお別れができ、親しい人たちとも無理の無い範囲でお別れができます。

最近の急上昇ワード葬儀について、ネットならここを一度覗いて下さい。



Copyright(c) 2017 葬儀のマナーと告別式 All Rights Reserved.