「ホテル葬」という葬儀方法で告別式を実際に経験した人が、感想や気づいたことなど口コミを寄せていました。

葬儀のマナーと告別式

実際に葬儀を「ホテル葬」にして告別式をした人の口コミ

「ホテル葬」という言葉はちょくちょく聞くのですが、実際にこのような葬儀方法で告別式をした人はいるのだろうか?と思い、ネットで口コミを調べてみました。
写真付きでホテル葬について紹介されているページがあり、とてもアットホームで華やかなお式に見えました。
まるでおめでたい式のような、きれいで明るいホールで、花のたくさん飾られた祭壇もきれいです。
この式は80名ほどの参列者がいたそうですが、追悼の言葉は3名だけ、あとは遺族の挨拶だけと、シンプルなものだったようです。
その他の時間は、食事をしたり、歓談をしたりと、ゆったりと交流を楽しんだようでした。
スタッフが故人のプロフィールをきちんと把握していて、まるで参列者の一人のように親身に接してくれたのが印象的だという口コミもありました。
言葉の少ない、暗いイメージのお葬式ではなく、みんなで故人のことをたくさん話し、なかなか会場を立ち去る人がいなかったという、温かい式だったようです。

ほかの人の例では、楽器を呼んで生演奏をしてもらったり、故人の写真を展示してもらったりというものもありました。
「こういう式にしたい」という遺族の意見を取り入れてくれたそうで、こちらも満足のいく式になったようです。
皆さんが口を揃えて言うのが、お料理のおいしさです。
ブッフェスタイルにすれば、食べたいものを食べたい分だけとることができますので、年齢層のさまざまなお式では助かるようです。

最近の急上昇ワード葬儀について、ネットならここを一度覗いて下さい。



Copyright(c) 2017 葬儀のマナーと告別式 All Rights Reserved.