若い年代の方は、葬儀の告別式のマナーについて知りたいと思っている方が多いと思うので、アドバイスしてみました。

葬儀のマナーと告別式

葬儀と告別式のマナーについて

若い年代の方も、社会人になると葬儀に出席をする機会が増えるので、マナーを知っておきたいと思っている方が多いです。
告別式は開式から終了まで、参列することが大切です。
受付は開式の10分前までには済ましておくようにして、袱紗から出して、一礼をして香典を渡しておくようにしてほしいです。
僧侶の読経が始まってから、着席をするのはマナー違反になるので、気を付けるようにしてほしいです。
仏式の場合は、数珠を忘れないように前日から用意をしておくことが大切です。
遺族や近親者の焼香が終わったら、一般の参列者の焼香になるので、遺族に一礼をしてから、心をこめて丁寧にお焼香をすることが大切です。
僧侶が読経をしている間は、携帯電話をマナーモードにしておくことが大切です。

僧侶の読経が終わったら、出棺になりますが、参列者は丁寧に見送ってあげることが大切です。
久しぶりの友人や知人に合った時でも、私語を控えるようにしてほしいです。
出棺の時は、きちんと手を合わして黙とうをすることが大切です。
女性の場合は、お化粧は普段より控えめにして、アクセサリー類も、結婚指輪とパールのネックレスやイヤリングだけにするようにしてほしいです。
バッグや靴などの素材も光沢のないシンプルなデザインのものを選ぶことが大切です。
当日やむをえない事情で欠席をする場合は、心をこめてお悔やみ電報を送るようにしてほしいです。
遺族の方が、落ち着いたら早めに弔問に訪れるように配慮するようにしてほしいと思います。


Copyright(c) 2017 葬儀のマナーと告別式 All Rights Reserved.